【レジュメ】キルケゴールの哲学をもとに絶望を考える

弟子の投稿です。

 

レジュメを公開いたします!

うららかな春の日から、すこしづつ夏の雰囲気が顔を見せ始めています。

5月病で精神が生焼け状態の方もいらっしゃるかと思います。

 

明日の哲学カフェは、以下のような内容で進行いたします!

日曜の午後から容赦なしに思いテーマですが、皆さんのお越しをお待ちしております。

 

絶望を考える哲学カフェ:レジュメ

 

Q1. あなたの絶望を振り返る

あなたがこれまでに感じた絶望を付箋に記入してみて下さい。(5W1H)

各テーブルで自己紹介し合いながら、付箋を模造紙に貼ってみてください。

 

キルケゴールの『死に至る病』に沿って考察する

抽象的でない自己の生々しい体験からアプローチする

・絶望とは?

 

・絶望の諸形態

 

Q2. あなたの絶望は上記の分類の内、いずれに当てはまりますか?

Q1で書いた付箋を模造紙に貼ってみてください。

 

〜前半部まとめ〜

 

過去の哲学者はどうやって絶望に向かい合い克服してきたのか?

①    キルケゴール

自己を自己自身で措定するのではなく、絶対的な他者によって措定される

②    ニーチェ

「神は死んだ」 神…絶対的な他者

③    V.E.フランクル

『それでも人生にイエスと言う』

 

Q3. あなたはどの哲学者の考え方を受け入れることができそうですか。(フリーディスカッション)

 

絶望を考える哲学カフェ:概要

【講 師】 講師の情報はコチラ

【日 時】5月18日(日)13:30~15:30

【場 所】サンシップ 501号

【定 員】約20名

【参加費】500円

【主 催】スマイル*スマイル & 哲学カフェ in 富山

関連記事

【活動報告】第20回哲学カフェxミュージアム 「西洋哲学と東洋哲学のちがいとはなにか?」

当日は、午前中に論語の講座(大阪から講師を招いた講座)があったこともあり、東洋哲学とのコラボという意

記事を読む

no image

【予告10月26日】空気を読む圧力を打破するためには。西洋哲学の立場から答えを探る。

前回の哲学カフェは山本七平の『空気の研究』を取り上げました。   その著作の中

記事を読む

【活動報告】まったり哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

2600年の哲学史を2時間の爆速で駆け抜ける! 4月27日(日)高岡大仏のある大仏寺にて哲

記事を読む

ソクラテスの弁明

プラトンの「ソクラテスの弁明」を読む

【弟子】の投稿です。 4月27日に「西洋哲学者は何を考えてきたのか?」というテーマで哲学カフェ

記事を読む

【活動報告】第5回哲学カフェxミュージアム 「幸福とはなにか?」

今日は「幸福とはなにか?」をテーマとしました。   午前中はお寿司のワークショ

記事を読む

【活動報告】存在ってなに?ハイデガーの存在と時間から考えてみる

    哲学カフェの活動報告です。今回はハイデガーの「存在と

記事を読む

【活動報告】ハンナ・アーレント著「人間の条件」読書会と「いきの構造」から探る富山の美意識

2014年12月12、13日の二日間にわたり、劇作家の岸井大輔さんをお招きしてハンナ・アーレ

記事を読む

【哲学カフェin富山 1周年記念!】ハンナ・アーレントの「人間の条件」をみんなで音読して、 九鬼周造の「いきの構造」をヒントに富山の魅力を再発見する2日間!

      なんと!哲学カフェin富山も無事

記事を読む

新年なので、哲学入門。西洋の哲学者たちは何を考えてきたのか?

  高岡大仏のある大仏寺にて哲学カフェを開催します。   今回

記事を読む

【告知】氷見キネマで映画鑑賞・哲学カフェを行うイベントが開催されます。

    別の団体様の主催になりますが、告知に協力させていただ

記事を読む