【活動報告】ハイデガーについてゆるく語らう会

公開日: : 最終更新日:2014/10/04 西洋哲学 , ,

 

cafephilo0830img

 

【先生】からの報告です。

 

ハイデガー研究の第一人者として著名な木田元さんが亡くなったということで、その追悼企画として、「ハイデガーについてゆるく語らう会」を開催しました。

 

【先生】の近所である入善町で開催されて、しかも硬い内容であったにもかかわらず、遠方からも駆けつけてくださった5人もの参加者の熱気にも恵まれて、とても充実した一時でした。

レジュメに則って【先生】がハイデガー哲学のほんのさわりの部分を解説して、区切りの良いところで質疑応答をざっくばらんに行い、最後はフリートークでお互いの感想を受容しながら振り返りました。

 

主著『存在と時間』の紹介が半分を占めてしまいましたが、ここがハイデガーのアルファでありオメガであろうと思いますし、彼の著作の中で最も分かりやすいところであろうとも思うので、丁寧に時間をかけて紹介しました。『存在と時間』にも、彼がその後ナチスに関与するヒントが散りばめられていることは確かなので、後年の難しい著作にトライするよりは有益であろうと思います。

 

『存在と時間』の概略だけでなく、「最後の神」「言葉は存在の家」「ゲシュテル」といった主要概念にも簡単に触れることができて、2時間の哲学カフェとしては、それなりに充実した時間を過ごして頂くことができたのではないかと思います。

 

内容を充実させてしまったためにレジュメが3ページにもなって、本当に「ゆるく語らう」ことができたのかという突っ込みどころもありますが、しっかりした叩き台が開示されていてこそ、それをもとに異論反論も含めて確かな議論ができるのは確かなので、哲学カフェin富山はこのスタイルを続けることになりそうです。

 

ハイデガーは【先生】の専門分野でもあったので、また機会を改めてこの内容を再度開催したいと思います。

 

なお、当日のレジュメはこちらからご覧いただけます。

ハイデガーについて語らう会レジュメ

関連記事

【活動報告】存在ってなに?ハイデガーの存在と時間から考えてみる

    哲学カフェの活動報告です。今回はハイデガーの「存在と

記事を読む

【11月予告】ハイデガーの「存在と時間」について学ぶ会

  11月の哲学カフェのお知らせです。 8月に開催した「ハイデガーについてゆる

記事を読む

ソクラテスの弁明

プラトンの「ソクラテスの弁明」を読む

【弟子】の投稿です。 4月27日に「西洋哲学者は何を考えてきたのか?」というテーマで哲学カフェ

記事を読む

no image

【レジュメ】キルケゴールの哲学をもとに絶望を考える

弟子の投稿です。   レジュメを公開いたします! うららかな春の日から、

記事を読む

【活動報告】ハンナ・アーレント著「人間の条件」読書会と「いきの構造」から探る富山の美意識

2014年12月12、13日の二日間にわたり、劇作家の岸井大輔さんをお招きしてハンナ・アーレ

記事を読む

【活動報告】キルケゴールの「死にいたる病」をもとに絶望を考える哲学カフェ

絶望を考える哲学カフェ 弟子の投稿です。5月18日(日)、富山市内にて「絶望」をテーマにした哲学カ

記事を読む

no image

【予告10月26日】空気を読む圧力を打破するためには。西洋哲学の立場から答えを探る。

前回の哲学カフェは山本七平の『空気の研究』を取り上げました。   その著作の中

記事を読む

【予告】春なので、まったり哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

難しい言葉が多くて分かりにくいと思われる哲学。 お茶でも飲みながら、まったりと学べる哲学カフェ

記事を読む

no image

【レジュメ公開します】哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

久々の弟子の投稿です。皆さん五月病にはかかっていませんか? 4月27日に高岡で行う哲学カフェで

記事を読む

【活動報告】第22回 哲学カフェxミュージアム テーマ「イデア(万有の根源)とは何か?」

  「イデア」とは、英語のideaという語のもととなった古代ギリシアの哲学者プラトン

記事を読む