【活動報告】新年なので、まったり哲学入門を高岡で開催しました。

公開日: : 最終更新日:2015/02/13 ギリシャ哲学, 哲学入門, 西洋哲学

IMG_2666

 

2015年1回目の哲学カフェを行いました。高岡の大仏様は今日も穏やかな御顔でした。

本日のテーマは哲学入門ということで、古代ギリシャ哲学から中世、近世、現代までの哲学の発展の流れを見ていきました。

 

端的にいうと、究極的な目的や、理想(善のイデア)への憧憬が元になって世界が形成されているのが古代ギリシャの目的論的世界観です。

それに対して自然をありのまま主観を除いて捉えようとするのが機械論的世界観です。

 

そこから科学技術の発展や、進化論、歴史学、経済学(マルクスの唯物史観など)、個人の生き方に焦点をあてた実存哲学や、基本的人権のような成果が生まれる一方で、科学技術が戦争で利用され多くの命を奪う歴史を生んだり、原発問題や環境問題という現代の私たちが直面する課題をもたらしました。

 

さらには近くに迫った未来の問題として、遺伝子操作や人口知能、コンピュータが人間の知能を超える時など今の生活からは展開が予測しにくい事柄も、機械論的世界観の中にあるものです。

 

その現状に対して、目的論的な視座から答えを模索する議論も試みてました。

 

哲学のテーマは真、善、美に分かれますが、自然原則や構造だけで世界をとらえる「真」ばかり重視するのではなく、人間が追求すべき「善」のほうによりフォーカスしてみることも現代においては必要なのではないでしょうか。

 

 

 

 

関連記事

【活動報告】第20回哲学カフェxミュージアム 「西洋哲学と東洋哲学のちがいとはなにか?」

当日は、午前中に論語の講座(大阪から講師を招いた講座)があったこともあり、東洋哲学とのコラボという意

記事を読む

no image

ヘレニズムとヘブライズム

  【先生】の投稿です。 ソクラテスが対話相手から知恵を引き出す「産婆法」を提

記事を読む

【活動報告】ハイデガーについてゆるく語らう会

    【先生】からの報告です。  

記事を読む

no image

【レジュメ公開します】哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

久々の弟子の投稿です。皆さん五月病にはかかっていませんか? 4月27日に高岡で行う哲学カフェで

記事を読む

【活動報告】ハンナ・アーレント著「人間の条件」読書会と「いきの構造」から探る富山の美意識

2014年12月12、13日の二日間にわたり、劇作家の岸井大輔さんをお招きしてハンナ・アーレ

記事を読む

【5月18日】絶望を考える哲学カフェ 生とは何か、死とは何か?

哲学カフェでは、誰でも気軽に参加できる哲学の場を街中に作ります   生とは何か、死

記事を読む

ソクラテスの弁明

プラトンの「ソクラテスの弁明」を読む

【弟子】の投稿です。 4月27日に「西洋哲学者は何を考えてきたのか?」というテーマで哲学カフェ

記事を読む

【活動報告】まったり哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

2600年の哲学史を2時間の爆速で駆け抜ける! 4月27日(日)高岡大仏のある大仏寺にて哲

記事を読む

【告知】哲学カフェin東京小平市を開催します~「哲学とは何か?」~

SOBイノベーションパートナーズ株式会社さんのスポンサーのもと、東京は小平市で初めての哲学カフェを開

記事を読む

no image

【予告8月31日】木田元さん追悼企画~ハイデガーについて語らう会~

  急な告知となりましたが、8月の哲学カフェのお知らせです。 今回は、カフェで

記事を読む