【告知】第14回 哲学カフェxミュージアム テーマ「対話(ダイアローグ)とはなにか?」 定員15名

公開日: : 最終更新日:2020/01/23 未分類 , ,

 

「対話とはなにか?」

 

哲学は古代ギリシャのアテネの「対話(ダイアローグ)」から始まります。ソクラテスが対話者の中から知恵を引っ張り出そうとすることを「産婆法」といい、教育(英語のeducationやドイツ語のErziehung)の語源ともなっています。ところが、哲学の歴史の蓄積と共に難解極まる「独白(モノローグ)」となりました。精度や抽象度は高まりましたが、それとともに人びとから乖離してしまうようにもなりました。

 

哲学カフェは「対話」という原点に回帰しようとする試みです。アテネでは自由な市民が広場(アゴラ)で政治について語り合っていた原点に返る試みです。アテネでは奴隷の犠牲のもとに成り立っていた「対話」でしたが、現代ではAIという奴隷のもとに、新しい自由市民が生まれようとしています。現代、哲学カフェが求められるのには必然性があるのです。

 

現代の自由な市民として、楽しい語らいのひとときを持ちましょう。

 

ラファエロ『アテネの学堂』より

 

下記、実施要項です。

 

開催日:2019年6月2日(日)
時 間:13:00~16:00
参加費:¥1,500

場 所:Factory Art Museum Toyama

お申し込みは下記の要領にてよろしくお願いします。

 

①メール:info@fujita-k.co.jp
件名に 「6/2 哲学カフェVol.14 申し込み」
・住所
・氏名
・メールアドレス
・携帯番号
を記入して申し込みください。

 

②FAX:上記内容を書いてFAXしてください。
0766-64-5220

 

 

 

 

 

関連記事

【活動報告】山本七平の「空気の研究」をヒントに空気を読むことについて考えてみる

    弟子の投稿です。「空気を読むこと」について山本七平さ

記事を読む

哲学カフェin富山のあり方

  弟子の投稿です。   富山にかぎらず全国各地で哲学カフェが

記事を読む

【トークイベント】演劇でまちに入り口をつくる 「東京の条件」の岸井大輔さんをお招きして

  弟子の投稿です。イベントの報告をいたします。 まちに住みつき、まちその

記事を読む

富山新聞掲載(2019年12月17日)

富山新聞にて哲学カフェの活動をご紹介いただきました。

  2019年12月17日(月)、富山新聞掲に哲学カフェの富山での活動を紹介していた

記事を読む

【活動報告】 第3回哲学カフェxミュージアム 「人工知能時代に本当に職業は無くなるのか?」

  「人工知能時代に本当に職業は無くなるのか?」   人工知能

記事を読む

北陸中日新聞にて哲学カフェの活動をご紹介いただきました。

  12月6日(土)、北陸中日新聞の文化欄に哲学カフェの富山での活動を紹介する記事を

記事を読む