哲学カフェin富山個人会員募集

2014年に始まった哲学カフェin富山は、主に県内で延べ100人以上の方にご参加頂きましたが、ご要望を受けてこの度リニューアルいたします。

 

コラボ企画したり、活動エリアを広げたり、また、社会貢献活動をしたりして、活動内容の充実を図ります。この活動を支えて頂く個人会員を募集いたします。会員の方には、サポート頂くことに感謝して下記の権利を進呈します。

 

1.哲学超⼊⾨講座

「哲学カフェでは今さら恥ずかしくて聞けない…」そんな悩みにお応えします。
アーカイブに残したネットでの講義だけでなく個別の質問に丁寧にお答えします。

 

2.哲学カフェ図書館

主催者の蔵書を優先的にお貸しします。会員間での共有も検討しています。

 

3.通常哲学カフェ参加費500円OFF

主にFactoryArtMuseumToyamaで開催している対面の哲学カフェ(通常料金1,500円)から500円OFFの1000円で参加することができます。

 

4.ネット哲学カフェ

「参加したいけど富⼭では遠いから…」「なかなか⽇時の都合が合わないから…」
そんな悩みにお応えします。Zoomで遠隔からご参加できます。

 

年会費:5,000円 月会費:500円(クレジットカード対応)

 

個人会員案内・申込書(PDFファイル)

哲学カフェin富山会則(PDFファイル)

 

Q1.

哲学カフェin富山はどこで何をやっているのですか? 会員は富山県内限定ですか?

 

A1

哲学カフェin富山は主に富山県内で哲学カフェを開催しています。主な開催場所はFactoryArtMuseumToyamaと、主催者の地元の富山県朝日町近辺です。

(お声がけいただければ、ご予算を設けていただければ県外へも出張哲学カフェを行います。東京や大阪でも開催実績があります。)

過去の開催実績はこちら

 

会員は富山県内外を問いません。「興味はあるけど富山までは行けなくて…」というリクエストに応えてネット哲学カフェができるように対応いたしました。

 

Q2.

コラボ企画、社会貢献活動とは何ですか? また、活動エリアを広げるとはどういう意味でしょうか。

 

A2.

フードロスの問題や引きこもり、貧困者の支援、非営利的に社会問題の解決を志しておられる団体が富山県内外にあります。そういった方の声を聞き、またその問題について哲学的に語り合う企画を、今後非定期的に開催する予定です。

 

哲学カフェを通して微力ながら、PRや金銭面での支援をさせていただければと考えています。

 

また、哲学カフェをしているファシリテーターの方を招いて、いつもと異なる雰囲気の哲学カフェを開催する予定です。そのための交通費を支えて頂くためにも個人会員を募集することとなりました。

 

活動エリアを広げるというのは、富山県に拠点を置きつつも、ネット哲学カフェを通して全国の人と対話をしたりすることです。また、実績のある東京や大阪への出張哲学カフェについても、回数を増やしたり、全国的に拡大していきたいという願いがあります。

 

Q3.

会員の有効期限はいつからいつまでですか?

 

A3.

会員の有効期間は、会員として承認された日から年間会員は1年、月間会員は1ヶ月です。年間会員の起点は各月15日より前の日に承認された場合は当月初日より、15日以後の日に承認された場合は翌月初日より1年間会員となります。月間会員の起点は承認当日として、そこから30日有効とします。お支払いは原則キャッシュカードですが、哲学カフェの会場等で現金でのお支払いには対応いたします。

 

Q4.

Zoomによる遠隔のネット哲学カフェとは何ですか?

 

A4.

Zoomとはパソコンやスマートフォンを使って、セミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリです。メールアドレスが必要ですが、GoogleやFacebookのアカウントがあればそこから無料でサインアップできます。

サインアップのページ

 

いったんアプリをサインアップさえしていただければ、主催者から送られた招待URLをクリックだけで哲学カフェに参加できます。

 

デスクトップパソコンではウェブカメラ・マイク・スピーカー(イヤホンも可)が必要ですが、近年のスマホやタブレットではいずれも常備しているケースが多いので、それでも可能です。

 

Q5.

哲学カフェ図書館から書籍を借りるときの送料はどちら持ちですか?借り出し期限はいつまでですか?

 

A5.

哲学カフェ図書館は基本的に対面の哲学カフェでお会いできる方、そして主催者の地元の富山県朝日町まで直接お越しいただける方が対象です(現地に直接お越しいただいて借出・返却できれば非会員でもお借りできます)。遠方の会員にも対応いたしますが、送料は行きも帰りもご負担下さい。

 

借出期限は原則無限ですが、主催者が必要とした時にはご返却下さい。また、主催者が勉強・調査のためにプロテクトする可能性があることはご容赦下さい。哲学関連の書籍は読むのに時間がかかるので、ゆっくりお読み下さい。

 

図書館はリブライズというシステム(哲学カフェ図書館はこちら)を用います。原則、Facebookアカウントをお持ちの方に限りますが、アカウントを持たない会員にも応相談可です。